独学と何が違う?


さて、本サイトでは社会保険労務士試験対策について、あくまで独学でやっていきたい方のための情報をいくつか発信してまいりました。
しかしながら、独学についてあらゆる観点から考えれば考えるほど、そのリスクや難しさが浮き彫りになってきたのではないでしょうか?

「独学ではちょっと厳しいかも・・・」と思い始めた方、「通信教育」という新たな選択肢に注目されてみてはいかがでしょうか。
視野を幅広く持つことが、合格に向けた新たな突破口となるかもしれません。


ところで、社会保険労務士試験対策としては通信教育も独学も、さほど大差ないのではないかと思われる方もいらっしゃるかもしれません。
確かに、いずれも自宅で、そして一人で学習を進めていく点では同じ。
むしろ、わざわざ社会保険労務士試験対策の通信教育なんて受講したら独学以上にお金がかかってしまう、と考える方も決して少なくはないでしょう。

ですが、もしもアナタが真剣に社会保険労務士試験合格を目指すのなら、断然「通信教育」を受講すべきであると、本サイトでは断言いたします。


独学と通信教育の最大の違いは「学習に必要なものが提供されるかどうか」にあります。
通信教育の場合、カリキュラムも教材もすべて提供されますが、一方で独学の場合、それらすべてを自分で考え、容易していかなければなりません。
よほど国家試験に受験慣れしている方でない限り、受験素人が自ら戦略を練り、実際に学習を進めていくことはなかなか難しいことであると言えるでしょう。

さらに独学の場合、どうしても独りよがりな学習に陥りがちになりますから、試験対策として出題ポイントを的確に理解すること、さらには間違いなく内容の一つひとつを習得していくことはかなり困難なのです。
通信教育であれば、必要な時には講師のフォローが受けられますから、内容理解自体が自己流になり過ぎることがありません。
この点についても、独学とは決定的に異なる点であると言えるでしょう。


受験生の中には、独学で社会保険労務士試験合格を掴みとる強者もいます。
ですが、そういった存在はほんのごく一部。 大半は途中で挫折するか、長期間かけてようやく合格にこぎつけるのです。

効率良く社会保険労務士試験合格を目指すなら、正しい戦略とツールは必要不可欠。
そのすべてを適切な時期にアナタの手元に届けてくれるのが、通信教育なのです。




>>もっとも効率の良い勉強法で合格できる社労士講座