独学のデメリット


まずこのサイトでは独学のメリットは紹介しません。
何故なら、社会保険労務士の独学で勉強するメリットは、ほとんどないからです。
あえていうとすれば、お金がかからない事がありますが、それは先を考えるとメリットにはなりません。
対して、デメリットを知れば、覚悟を持って勉強を望む事が出来ますし、それを克服できれば、合格できる力を身に付けることが出来ます。


まず、独学の根本的なデメリットを言うと、「時間が必要」 と言う事です。


一見時間が必要というくらいなら良いと思うかもしれませんが、それが原因で、挫折してしまうのです。


時間が必要ということは、その分何かを我慢してなければなりません。
例えば、趣味の時間、テレビを見る時間、友人・恋人・家族との時間、ぼっーとする時間、お酒を飲む時間などです。


そうした時間を1年以上も我慢して、勉強を続けなければいけないので、大抵の方は挫折していきます。
特に、社会保険労務士を受験する方は、社会人が多く、時間があまり取れませんし、仕事や人間関係のストレスもあります。
そうした中で、様々な事を我慢して勉強するのは相当な覚悟必要です。


もちろん、勉強をはじめた当初は、誰でもやる気があるので出来ると思い込みますが、実際は2ヶ月くらいで徐々に嫌になり勉強しなくなっていきます。


ですから、社会保険労務士に独学で挑戦する方は、自分のやりたい事を我慢して勉強をする覚悟が必要なのです。


多くの方は、そうした事を考えず、表面的な教材とかに目を向けているので、合格できないのです。


教材や勉強法というのは、独学で勉強する上でまずは後回しです。
自分の欲求を抑えて勉強を続けけることが、大前提なのです。




>>もっとも効率の良い勉強法で合格できる社労士講座