社会保険労務士の独学の実態


一度説明したように社会保険労務士で一番多い勉強が独学です。
それと同時に社会保険労務士に不合格になっている割合が一番多いのも独学でしょう!
というよりも、試験を受けずに挫折していくのが現状です。


その理由は、先ほども説明したように様々なことを我慢して長期間勉強を続けなければいけないことですが、そもそも社会保険労務士は独学で勉強する試験ではないのです。


社会保険労務士の難易度は別のページでしっかりと解説しますが、10人受験しても1人も合格できない試験です。
しかも、受験資格がある分、受験者のレベルが高くなっています。


そうした中で、合格するためには、人よりも何倍も勉強し、人よりも質の良い教材を使い、人よりも効率的な勉強法をおこなわなければいけません。
つまり、普通に勉強してはいけないのです。


しかし、多くの方は、そうした事を理解せずに、市販された教材を購入し、とりあえず空いた時間を見つけて勉強しようと安易に考えます。
もちろん、はじめてはそれで良いかもしれませんが、それではいつまで立っても社会保険労務士に合格出来ません。


このサイトを見てくれている方は、独学で社会保険労務士の合格を狙っていると思いますので、少なくても人の何倍も努力が必要です。
特にあなたに知識がなければなおさらです。


また、社会保険労務士を独学で勉強する場合、通信教育や予備校に比べ、教材の質は落ちますし、効率的な学習も出来ません。
ですから、それを補うためには、何倍もの勉強時間が必要になるのです。


まずそうした社会保険労務士の実態を理解してから勉強を進めて下さい。
もし、独学で簡単に合格できると思ったのなら、社会保険労務士の試験は諦めて下さい。


気軽な気持ちで、合格できる試験ではありません。


何度も言いますが、覚悟が必要なのです。




>>もっとも効率の良い勉強法で合格できる社労士講座