社労士通信教育の特徴 ~iDE社労士塾~


最近増えつつある社会保険労務士試験対策講座の中でも、iDE社労士塾は“社会保険労務士専門校”として高い定評を誇る資格予備校。
受験対策講座のクオリティはもとより、合格後のフォロー体制も万全です。



<全体的評価>

“社会保険労務士専門校”とあって、iDE社労士塾のカリキュラムや教材内容については、試験対策の範疇を超え、合格後までをも見据えた指導内容に特徴があります。
よくある「合格に必要なことだけ」といったスタンスではなく、「実務上重要な判例や+αの知識にもしっかり触れる」のがiDE社労士塾流。
他とは若干毛色の違う試験対策講座と言っても過言ではありません。

通学講座と通信教育の両方を開講するスクールですが、校舎が高田馬場のみであること、全国の受験生から高い人気を誇ることから、圧倒的に通信教育受講生が多数である点に特徴があります。



<テキストについて>

最近ではカラー刷りやイラストたっぷりなテキストを提供する講座が多い中、あくまで“モノクロ”を突き通すiDE社労士塾。
文字は比較的びっしり詰まっており、受験生によって好みが分かれそうな雰囲気です。

記載されている内容については頻出箇所のみにとどまらず、若干細かな部分にも触れられており、情報量は盛りだくさんです。



<講義について>

iDE社労士塾の講義視聴は、WEBや音声CDの他、通学してビデオ視聴ができるスタイルもあります。
いずれも内容は通学講義同様のもので、定点カメラで収録されたのみの単調な印象ですが、塾長でもある井出講師による丁寧な解説に定評があります。
テキストの内容をなぞるだけではなく、重要条文やポイントについて、なぜそうなるのかといったキーワードの裏側にもしっかり言及してくれる内容になっています。



<サポートについて>

よくある社会保険労務士試験対策同様、iDE社労士塾でも「質問応対」等のごく基本的なサポート体制が整えられています。
また、合格後には資格活用や継続教育に役立つイデアクラブの活動に参加できるといったメリットもあり、試験対策のその先をも見据えられた支援が、受験生にとっては心強いポイントであると言えるでしょう。



<デメリットについて>

社会保険労務士試験対策の専門校として人気があるiDE社労士塾ですが、

・講座の内容が細かすぎて、初学者では消化不良に終わってしまう可能性大
・通信受講生が多いわりには講義の見せ方、テキストの分かりやすさといった点において、自宅学習に適していない

等のデメリットも挙げられているようです。

指導範囲の「ボリューム」や「分かりやすさ」への不満は、すでにある程度の知識を備えた受験生であればさほど問題にはならないのかもしれませんが、初めてこの試験に挑戦する受験生にとっては重要な要素となり得るでしょう。


⇒iDE社労士塾の公式サイトはコチラ




>>もっとも効率の良い勉強法で合格できる社労士講座