社会保険労務士の試験科目その1


ここから簡単にではありますが、社会保険労務士の試験科目の解説をしていきます。



■労働基準法

皆さんもご存知の通り、労働基準法は、労働者の最低基準を定めた法律で、この労働基準法に則って、各企業は就業規則などの会社の決まりごとを作っていきます。
しかし、現実は多くの企業が労働基準法の条件を満たしていません。
そのため、社会保険労務士の試験で出題されるのは、裁判者の通達・判例系が多くなり、条文の深い理解が必要となります。

<学習項目のポイント>
労働時間、休日・年次有給休暇、労働契約、解雇など



■労働安全衛生法

労働安全衛生法とは、もともと労働基準法の中にあった法律で、それが独立して単体の法律になりました。
その内容は、労働の危険防止と健康障害の防止についてです。
条例はそれほど多くはありませんが、内容が似通っているため、一つの知識を正確に把握しなければいけません。
また、問題数は、択式2問 択一式3問とそれほど多くないわりに、出題範囲が広いので、ある程度ポイントを絞って勉強する必要があります。

<学習項目のポイント>
安全衛生管理体制、健康の保持増進のための措置、労働者の就業にあたっての措置など



■労働者災害補償保険法

労働者災害補償保険法は、いわゆる労災に関して定めて法律で、業務中、もしくは通勤中の災害に関しての補償となります。
基本的に労災は、責任の有無に関係なく全て事業主負担となりますので、保険給付に関しての出題が多くなります。
又、基本的な問題が多く、給付の条件・額・手続きなどの一連の流れを正確に覚えれば確実に点数の取れる科目です。

<学習項目のポイント>
休業補償給付、疾病補償年金、障害補償給付、遺族補償給付など



■雇用保険法

雇用保険法は、退職・リストラなどで失業した場合に支払われる失業保険や再就職支援について定められた法律です。
出題の中心は、保険給付や被保険者に関する問題で、失業手当の給付金額は受給者の就労年数や年齢などによって異なるため、計算問題も出題されます。
また、雇用保険法は金額や給付日数などの数字を正確に覚える事が必要で、法改正で数字の変化があるので、最新の情報をチェックする必要があります。

<学習項目のポイント>
被保険者の種類、算定基礎期間、受給期間の特例、基本手当日額など




>>もっとも効率の良い勉強法で合格できる社労士講座