社会保険労務士の勉強法の全体像


社会保険労務士の勉強はどのようにおこなうのか、まずは全体像を把握して下さい。


その1 一度かニ度テキストに一通り目を通す

いきなり知識を覚えようと思っても中々覚えられません。
しかし、テキストに一通り目を通すことで、
どのような学習をするのかイメージできるようになるので、その後の学習がらくになります。


その2 各科目の分野別に知識を覚えていく

全体像がイメージできれば、各科目の知識を覚えていきます。
その時にポイントなるのは、一気に各科目の知識を覚えるのではなく、
分野ごとに細かく覚えていきます。

全ての知識をいきなり覚えてしまうと、はじめの頃に学習した内容を忘れてしまうので、
余計に学習量が必要になります。
ですから、「各分野の知識を覚える、そこを復習する」というように学習していけば、
効果的に学習を進めていけます。


その3 過去問を解く(復習しながら)

はじめて過去問学習をする時は、わからないことが多いので、テキストや解説を見ながら
一問一問理解しながら解いていきます。
そうすることで、テキストで覚えた知識の復習にもなるので、 効果的に知識が身に付きます。


その4 時間を意識して過去問を解く

一通り過去問を学習したら、次に時間を意識しながら、問題を解いていきます。
過去問で重要なのは、正確性とスピードです。

少し考えればわかる問題でも、本試験で時間がなくて解けない方は少なくありません。
その結果不合格になるのです。
ですから、問題を理解する学習も大切ですが、解くスピードを訓練する学習も同じくらい大切です。


その5 摸擬試験かオリジナル問題集を解く

摸擬試験やオリジナル問題集は、今まで学習してきたことの総合力が問われるので、
今の自分の力を確認することが出来ます。
そこで、自分の弱点がわかると思うので、試験までの残り期間、苦手分野の復習を徹底します。
そして、本試験に臨みます。
尚、摸擬試験は予備校が主催しているものを受けても良いですし、
書店へ行ってオリジナル問題集を購入しても構いません。


以上が社会保険労務士の学習の流れです。
是非、参考にして下さい。




>>もっとも効率の良い勉強法で合格できる社労士講座