社会保険労務士を独学で勉強する方への本音


このサイトでは、社会保険労務士を独学で合格するための方法を紹介してきましたが、本音を言うと、独学で勉強すること自体個人的には反対です。
そもそも特別な方を覗き、社会保険労務士は独学で勉強する資格ではないのです。


社会保険労務士に限らず全ての資格は、資格取得が目的ではありません。
その資格を使い、「安定した仕事に就く」「独立して爆発的な年収を稼ぐ」などが目的のはずです。
つまり、社会保険労務士合格はあくまでもスタートラインに立つための権利を取得したに過ぎません。


それにも関わらず、わざわざ合格が難しい独学で勉強する意味はあるでしょうか?
実際に社会保険労務士に独学で挑戦して、何年も合格できない人は沢山います。


そんな無駄な時間を使うくらいなら、多少お金を使い、通信や通学を受講して確実に合格し、自分の目的を達成するための時間に使うべきだと思います。
試験に合格できないということは、スタートラインに立てないということですので、いつまでたっても現状を変えることは出来ません。


資格の基本的な考え方は、早く試験に合格して、いち早く仕事で活かし、少しでも早く成功に近づけることです。


もちろん、中には本当にお金がなくて、通信や通学を受講出来ない方がいます。
しかし、通信専門校を受講すれば、6万円くらいで、予備校などよりよっぽど質に高い学習をすることが出来ます。


6万円くらいなら、節約すれば数ヶ月で貯められるはずですし、それが難しいのなら、バイトでもすれば1ヶ月で十分に稼げます。


社会保険労務士を独学で勉強する方は、独学で勉強する理由を見つけたがりますが、そうではなく、通信や通学を受講するための方法を考えるべきなのです。


資格試験と言うのは勉強するだけでは意味がありません。
試験に合格してはじめてその価値があるのです。


本当に重要なのは、どのような勉強法を選ぶのではなく、どうすれば合格できるのかを考えることです。




>>もっとも効率の良い勉強法で合格できる社労士講座