予備校通学と通信教育を比較する


効率の良い社会保険労務士試験対策に正しい戦略とツールが必要であると言うなら、「通信教育と言わずに、いっそのこと予備校通学を選ぶ方が安心できる」という受験生も多いのではないかと思います。

最近でこそ、社会保険労務士を始めとする難関国家資格対策に通信教育、というのもずいぶん一般的になってきているものの、まだまだ主流は通学講座。
実際に校舎に通って講義を受講した方が効率良く理解が進むのではないか、そんなイメージを拭えずにいる方もたくさんいらっしゃることと思います。


社会保険労務士試験対策としては、通信教育であれ通学講座であれ、適正なカリキュラムのもと、確かな教材で学べるのであればどちらで対策をされても問題はないでしょう。

しかしながら、「受講生にかかる負担」といった観点から考えてみると、予備校通学の方がデメリットは多いと言えることは確かです。

第一に「通うこと自体に対する負担」が挙げられますが、社会人になってから毎週決まった曜日・時間に教室に足を運ぶことは、おそらく想像以上に大変なことでしょう。

とりわけ、社会保険労務士試験対策となればある程度長丁場となりますから、長期に渡ってスケジュールのやりくりが出来るかどうかが問題となります。
また、通い続けることで今以上に肉体的な疲労が生じてしまうことだって、容易に予想できることです。

また、一般的に通信教育よりも受講料が高額となりますから、「金銭面での負担」もやむを得ません。


ところが、社会保険労務士試験対策として通信教育を受講した場合、上に挙げた「通うこと自体の負担」と「金銭面での負担」についてはぐんと軽減されるのです。
通信教育ですからそもそも通う必要がなく、自宅でリラックスしながら学習に励むことが可能になります。

また、コストについても通学講座以上の額を求められることもないでしょう。
皆さんが“通信<通学”の思い込みにとらわれなければ、通信教育はむしろ理想的な学習手段であると言うことが出来るのです。


「通信教育ってイマイチ信用できない」という方は、ぜひ一度実際の教材に触れ、目を通されることをオススメします。
本サイトでもご紹介しているフォーサイトでは、公式ホームページからサンプル教材の請求を受け付けています。
まずはご自身の目で確かめて、「コレ」と思えてから受講を決めるのが、一番の安心材料になるのではないでしょうか?




>>もっとも効率の良い勉強法で合格できる社労士講座