社会保険労務士の独学総合サイト!合格の法則を暴露

社会保険労務士に独学で合格するための勉強法や教材選びなど、社会保険労務士に合格するための法則を徹底暴露しております。

試験・難易度について

社会保険労務士の難易度って?

社労士の試験は難易度が高い

社会保険労務士の資格取得に当たり、一番気になるのが試験の難易度だと思います。
結論から言うと、社会保険労務士は難易度の高い試験です。多分、皆さんの想像以上に高いと思います。

たまに他の社会保険労務士サイトでは、あたかも簡単に合格できるようなことを言っていますが、
それは実際に受験勉強したことがない人達で、本当の難易度を理解していません。

それでは、社会保険労務士は、どのくらい難易度が高いのかというと、
まず以下をご覧下さい。

年度 受験者数 合格者数 合格率
平成22年 55,445名 4,790名 8,64%
平成23年 53,392名 3,855名 7.2%
平成24年 51,960名 3,650名 7.0%
平成25年 49,292名 2,666名 5.4%
平成26年 44,546名 4,156名 9.3%
平成27年 40,712名 1,051名 2.6%
平成28年 39,972名 1,770名 4.4%
平成29年 38,685名 2,613名 6.8%
平成30年 38,427名 2,413名 6.3%
令和元年度 38,428名 2,525名 6.6%

上記をご覧の通り、社会保険労務士の合格率は毎年ほぼ一桁であるのがわかります。
ただ、合格率一桁台の国家資格は社会保険労務士に限らず、

他にも沢山あるので、特に驚く事はありません。
しかし、社会保険労務士は、ただ合格率が低いのではなく、受験者のレベルが高い中で低いのです。

他資格との難易度比較

例えば、行政書士という国家資格がありますが、行政書士は社会保険労務士と同等か、もしくは社会保険労務士より合格率が低い試験です。
にも関わらず、試験の難易度は社会保険労務士の方が高いのです。

理由は、行政書士は、合格率は低くても受験資格がないので、その分まぐれ合格狙う人も多く、受験者のレベルが高くないからです。
しかし、社会保険労務士は違います。

社会保険労務士の受験者のほとんどは大卒で、基礎学力があり、しかも本気で合格を狙う人もたくさんいます。
そうした中での一ケタ台ですので、非常に合格するのが難しい試験なのです。

ですが、合格できないかと言われればそんなことはありません。知識がなくても十分に合格することが出来ます。
後は、これからお話していく内容をしっかりと理解して、実行することです。