社会保険労務士の独学総合サイト!合格の法則を暴露

社会保険労務士に独学で合格するための勉強法や教材選びなど、社会保険労務士に合格するための法則を徹底暴露しております。

各通信教育の特徴

フォーサイトの社会保険労務士って?

フォーサイトの特徴

ここでは、公式サイトでは語れない、あるいはわかりにくフォーサイトの社労士のメリットやデメリットを解説致します。

全体的評価

フォーサイトの社労士講座は、低価格にも関わらず、質の高い教材が売りとなっています。
具体的には、専用スタジオで撮影したハイビジョン講義、フルカラーのテキスト、e-ラーニングなどです。

今多くの資格系通信がありますが、そこまで教材の精度にこだわっている通信は中々ありません。
実際にほとんどの通信は、単調な副商材的な講義やモノクロのテキスト、中には講義すら付いていない通信もあります。

にも関わらず、リッチの良い場所に学校を構えたり、高額なCMをやったりしているので、教材の内容に比べ、受講料が高くなっています。

それに対してフォーサイトは、通信専門校という特性を活かし、学校を構えず、派手な広告をしないので、受講料がかなり抑えられております。< ですから、現在非常に人気があり、多くの合格者を輩出しております。

テキストについて

冒頭で説明したようにフォーサイトのテキストは、フルカラーが特徴です。
一見フルカラーにする理由はわかりにくいように感じますが、右脳に刺激を与え記憶に残りやすくなるのです。

しかし、多くの学校は軽費を上げたくないので、モノクロのテキストにしており、単調な学習になりがちです。

次に出題範囲を絞っているという点です。
予備校系の通信は、過去問の全てを網羅する傾向にあり、それでは学習量が多くなり、挫折してしまいます。(全ての過去問をテキストに載せる方がテキスト制作は楽。)

しかし、フォーサイトのテキストは、過去問を分析し、試験に出題される箇所だけをピックアップして制作しております。
そのため、少ない学習量でも合格を目指せるのです。<

講義について

フォーサイトの特徴の一つにこの講義の精度の高さがあります。
実際に専用スタジオでプロのカメラマンがハイビジョン撮影している講義は、資格の通信では知りません。
ほとんどの通信は、教室講義をそのまま撮影したものか、据え置きのカメラの前で講師が話しているだけの単調な作りになっております。

そのため、長時間見ていると飽きがきて、眠くなったり、余計な雑音が入り、学習に集中出来なくなったりします。

対してフォーサイトは、臨場感と迫力があり、まるでその場で講義を受けているかのようなリアル感があるので、学習効果が高くなるのです。

サポートについて

フォーサイトのサポートは、質問対応、専用メルマガ、確認テスト、道場破りがあるようです。
その中でも注目したいのは、道場破りというE-ランニングで、インターネットで学習できるシステムです。

その道場破りでは、講義が視聴できたり、テストができたり、学習スケジュールを確認できたりします。
つまり、パソコンがあれば、何処でも場所を問わずに学習できるのです。

デメリットについて

フォーサイトは、教材の質は問題ないのですが、教材が届くのが遅いと感じます。受講生としては、早く学習に取り組みたいので、それだと不安になります。
ただ、最近ではそれが改善され、遅いと感じる事はないようです。(実際の受講者の声)

⇒フォーサイトの公式サイトはコチラ

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です