社会保険労務士の独学総合サイト!合格の法則を暴露

社会保険労務士に独学で合格するための勉強法や教材選びなど、社会保険労務士に合格するための法則を徹底暴露しております。

社会保険労務士の勉強法

社会保険労務士に合格できる勉強時間

目安は1000時間

多分多くの方は、何時間くらい勉強すれば社会保険労務士に合格できるのか、気になると思います。
勉強時間というのは、個人の能力、環境、勉強法などによって変わるので一概にいえませんが、一般的には800時間以上必要だと言われています。

しかし、社会保険労務士を独学で勉強した場合、800時間で合格するのは難しいと思いますし、そもそもほとんどの方が合格できていません。仮に800時間勉強すれば合格できたとしても、大抵の方は挫折してしまいます。

それではどのくらい勉強すれば良いのかと言うと、挫折なく最後まで勉強出来たとして、最低でも1000時間以上は必要です。
多すぎると思っている方も多いと思いますが、それが独学で勉強するということです。

このことは後々お話しますが、独学でデメリットを一言でいうなら、時間がかかるということで、通信や通学はお金を使い時間を買うことです。
皆さんはその独学を選んだので仕方ありません。

ただ、1000時間勉強したからと言って必ず合格できる保証はありませんし、合格できない方のほうが多いと思います。
あくまでも1000時間と言うのは効率良く学習して、上手くいった場合のケースです。

まずは1日のノルマをしっかりこなす

しかし、いきなり1000時間以上となると気持ちが萎えるので、1日の勉強を確実にこなすことを意識して下さい。
例えば、毎日3時間勉強するとか、この科目のテキストを読むとかです。

社会保険労務士の勉強で一番の大敵は挫折で、大きな目標を掲げてしまうと、中々目標に到達できず、モチベーションが上がりません。

ですから、まずは1000時間を忘れ、小さな目標をコツコツこなすことが挫折しないコツでもあります。

学習の質を下げないこと

そして、本当に重要なのは、時間ではなく中身です。
どんなに勉強しても学習ポイントがずれていれば、合格することは出来ません。

そのことも忘れないで下さい。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です