社会保険労務士の独学総合サイト!合格の法則を暴露

社会保険労務士に独学で合格するための勉強法や教材選びなど、社会保険労務士に合格するための法則を徹底暴露しております。

社会保険労務士の勉強法

社労士の資格取得のカギはバーチャル講師!新しい学習方法で合格を目指そう!

資格取得に向けた新しい学習方法のバーチャル講師が注目を集めています。
フォーサイトの社労士の資格取得講座でもバーチャル講師が新たに起用され、Vチューバーによる社労士の資格試験対策に特化した講義が話題です。

そこで、最近注目されているバーチャル講師や社労士の資格取得講座の担当講師・真田アカネの魅力に迫ってみたいと思います。

バーチャル講師とは?

新しい学習方法・学習ツールとして注目されている手法です。仮想空間に存在しているキャラクターの「バーチャル講師」は、一般の専任講師と同様の講義を行います。

一般的なスクール形式での資格取得講座の授業風景とは少し異なり、自宅などの遠隔地で講義を受けるオンライン講座のコンテンツに位置付けられていますが、リラックスした環境で楽しく学習できることから、オンライン学習の進化系として教育分野で注目されています。

通信講座フォーサイトには、5人の美少女講師とイケメン男性講師(フォーサイト バーチャル課の課長)の6人が在籍しています。

Vチューバーとしても活動しているバーチャル講師は、アニメのキャラクターのようにビジュアル面で優れているため、受講生のモチベーションアップにも貢献してくれます。

また、親しみやすいバーチャル講師の講義は、資格取得試験への心理的ハードルを下げ、初期段階での挫折防止にも役立ちます。

資格取得のキーになる新たな学習コンテンツ

資格取得のためのスクールに通学するのではなく、通信講座などと同じ部類とされる学習コンテンツがバーチャル講師です。

フォーサイトでは、通常の資格取得対策講座の講義とセットで提供され、プラスαの学習サポートサービスとして活用されています。

このようなコンテンツの技術は、IT技術を教育分野に活かす概念という意味で「Edtech」と呼ばれています。
「Edtech」とは、「education(エデュケーション)」と「Technology(テクノロジー)」を組み合わせた造語です。

受講生に勉強することの楽しさを伝えてくれるため、学習効果に期待できるだけでなく「学校」以外での勉強に対する心理的ハードルを下げてくれる効果にも関心が寄せられています。

バーチャル講師はどんな人?

最近注目されている「バーチャルYouTuber」が、バーチャル講師の正体です。
3Dモデルを使用したキャラクターを用い、YouTubeなどの動画配信をおこなっている人のことで、可愛い女の子キャラやイケメンキャラなど、男性・女性問わず馴染みやすいモデルが起用されています。

ボイスチェンジャーを使用すれば、男性でも女性のキャラクターに変身できることから、YouTube界でも人気上昇中です。

実在の人物よりも親しみやすさを感じられるため、初期段階で挫折しがちな資格取得の学習にVチューバーを活用すると、楽しく勉強しながら基礎分野の習得に効果を発揮します。

社労士担当・バーチャル講師「真田アカネ」の魅力!

null

資格取得の講師をしている真田アカネは、Vチューバーと呼ばれることもある「バーチャルYouTuber」ですが、フォーサイトに勤務している講師という設定になっています。

アニメやVチューバーに興味のある方だけでなく、男性・女性を問わずスムーズに講義を受けられるように監修されているので、これからの資格試験対策には欠かせない存在です。

自己紹介動画では、レンジで茹で卵を作ろうとして爆発させてしまったと話していて、クールな見た目とのギャップに親近感を覚えることでしょう。
Vチューバーということもあり、キャピキャピした萌えキャラを想像しがちですが、落ち着いたトーンのゆったりとした話し方が特徴です。

これまでのオンライン講座のようなピリピリとした緊張感がないので、初めて受講する方もスムーズに学習に取り組めると思います。

YouTubeでは、「自己紹介動画」のほかに「社労士ってどんな仕事?」という動画がアップされ、自由に視聴できます。

社労士の担当講師・真田アカネの素顔や社労士資格についても案内しているので、ぜひ視聴してみてください。今までハードルの高かった社労士の資格取得について、より身近に考えられるチャンスです。

バーチャル講師・真田アカネの自己紹介映像はこちらから

社労士の仕事について、バーチャル講師の真田アカネが5分で解説している「社労士ってどんな仕事?」の動画はこちらから

真田アカネのプロフィール

  • 担当講座:社会保険労務士
  • 誕生日:11月23日
  • 好きな色:赤と黒
  • 好きな食べ物:ハンバーグ・カレー・オムライスなどのお子さまランチ系
  • 好きなもの:お笑い・廃墟・文章を書くこと
  • 座右の銘:無知の知(ソクラテスの言葉)
  • 特技:書道

バーチャル講師・社労士担当の真田アカネは、Twitterの「マシュマロ」で質問を受け付けているほか、社労士担当の講師としてさまざまなことにチャレンジしている様子を配信しています。

また、マシュマロで受け付けた質問の回答は、YouTubeの一問一答で紹介しているので、もしかしたら、あなたの質問の回答を真田アカネから直接聞けるかもしれません。

興味のある方は、ぜひ真田アカネの公式Twitterアカウントのフォローをしてみてはいかがでしょう。日々のモチベーションアップにつながるはずですよ。

真田アカネtwitter

公式Twitter : 真田アカネ 公式Twitter

実際の講義映像をチェックしてみよう!

スタートして間もないバーチャル講師の講義内容が気になる方は多いはずです。
YouTubeで講義のサンプル動画がアップされているので、ぜひチェックしてみてください。

サンプル動画:

バーチャル講師の講義はどんな人に向いているの?

真田アカネyoutube

効率よく勉強するためには、しっかり情報収集して、自分のライフスタイルに適した学習方法を見つけることが重要です。
質の良い学習時間を確保するためには、バーチャル講師の講座が最適です。

過去に資格取得を断念してしまったことのある人

資格試験は範囲が広いことから、テキストは準備してみたものの「勉強する意欲がわかなくて困っている」「試験科目のどこから手を付ければよいのかわからない」という方の中には、資格試験対策の初期の段階で挫折してしまうことがあります。

フォーサイトでは、資格試験で満点を目指すのではなく、合格点をクリアすることを目的としているため、バーチャル講師の講義では、無駄を省き、短時間でより効果的に学習できるシステムを構築しています。

勉強の楽しさを実感しながら資格取得を目指していることから、バーチャル講師を活用することで楽しみながら学べるだけでなく、効果的に理解を深められるというメリットがあります。

長時間の講義に苦痛を感じていた方も、バーチャル講師の「声」を担当するプロの声優さんが、重要なポイントでは声のトーンを変えたり、抑揚をつけたりしてくれるため、最後まで飽きることなく楽しく受講できます。

また、熟練の専任講師に比べ親近感がわきやすいことから、学習へのハードルが低くなる傾向があるため、学習が軌道に乗る前の段階で、新たな学習コンテンツを利用するのがおすすめです。

忙しくてまとまった学習時間を確保できない人

社労士の資格取得を目指す方の多くが、大学生もしくは仕事を持つ社会人です。
時間的余裕が少ないことから「資格取得」のための学習時間を捻出しなければなりません。

勉強といえば、テスト前や受験勉強をイメージすると、仕事や大学の授業で忙しい方にとっては、まとまった学習時間を確保するために苦労する方もいると思います。

ところが、タブレットやスマホがあれば、バーチャル講師の講義は、バスや電車での移動中の隙間時間や休憩時間に受講することが可能です。

休日などにまとまった時間を作って資格取得の勉強をする際、「真田アカネ」の講義にテキストや問題集を組み合わせることで、充実した学習時間を確保できます。

専門用語や法律用語の暗記が苦手な人

資格試験に頻繁に出てくる法律用語や専門用語などを、分かりやすい言葉に言い換えてくれるところがバーチャル講師で得られるメリットの一つです。

普段の会話で使用する言葉とは異なるため、専門用語の正確な読み方や意味を調べるだけでも、かなりの時間が必要になります。

ところが、バーチャル講師・真田アカネの講義では、難解な専門用語や法律用語を理解しやすい言葉に翻訳してくれるため、専門用語に苦手意識のある方もスムーズに講義を受けられる傾向にあります。

社労士の資格を取得するために避けられないのが法律用語です。

普段の会話の中で法律用語が登場する機会はほとんどないことから、「法律用語の読み方がわからない」、「用語そのものが何を指しているのかわからない」となってしまい、資格取得の学習から遠のいてしまうという方も多々います。

ところが、バーチャル講師・真田アカネの講義では、難しい法律用語を日常会話のような表現にかみ砕いて翻訳してくれることで、法律用語に苦手意識のある方もスムーズに講義に入りやすい傾向にあります。

バーチャル講師の講義を受けるために必要なこと

通常の旅行業務取扱管理者の資格取得講座に申し込むだけで「eラーニング」よりバーチャル講師の講義を視聴することが可能です。
面倒な手続きや追加料金も発生しないため、気軽に講義を受講できるところも注目すべきポイントいえるでしょう。

詳しくはこちらから➡フォーサイトバーチャル講師

真田アカネの講義が選べるeラーニング「ManaBun(マナブン)」

バーチャル講師・真田アカネの講義を受講できるのは「eラーニング」ManaBun(マナブン)です。下記の4種類が対象コースとなり「V講師」を選ぶと受講できます。

ManaBun

  • バリューセット1
  • バリューセット2
  • バリューセット3
  • 基礎講座(単科講座)

アプリ版とウェブ版の両方が提供されている「ManaBune(マナブン)」は、フォーサイトの資格取得講座を受講している方のために開発されたモバイル学習システムです。
持ち歩き可能なスマホ・タブレット・パソコンなどで、効率よく資格試験対策ができる学習コンテンツとして好評です。

フォーサイトのすべての講座で「ManaBune(マナブン)」の全機能を利用できるわけではありません。
購入する講座により、利用できる範囲が異なるため、使える機能・使えない機能は、各講座の公式サイトでチェックしてみてください。

「ManaBune(マナブン)」は、資格対策講座の学習ツールなので、利用できるのは受講者のみとなっています。ただし、受講前の人でも「お試し利用」は可能なので、気になる方は試してみてください。
ただし、アプリをインストールするだけでは使用できません。

フォーサイト 「ManaBune(マナブン)」について

バーチャル講師の講義を受けるには追加料金が必要?

バーチャル講師は、通常の講義にプラスαの学習サポートとして活用されているため、バーチャル講師の講義(現状では、バーチャル講師専用の講義はない)を受ける際に追加料金は不要です。

バーチャル講師を活用してもしなくても講座費用は変わりませんが、資格取得の学習の進め方のわからない方や、途中で資格取得を挫折してしまいそうな方などは、心地よい環境を確保するためにも活用することがおすすめです。

資格取得に必要なポイントをわかりやすく解説しているので、効率よく学習を進められます。バリューセット1の代金で受講できます。

社労士のオンライン講座は教育訓練給付金制度が適用される

実は、バーチャル講師・真田アカネの社労士講座のバリューセット1・2・3は、教育訓練給付金制度の対象コースです。

給付金は最大10万円(50万円の講座費用の場合)で、最小支給額は4,000円(20,000円)となっています。
1年以上勤務している会社員(雇用保険一般被保険者)であれば、申請手続きを行うことで支給される確率が高いでしょう。

教育訓練給付制度の手続きは、講座の受講終了後に近くのハローワークで行えます。手続きをすることで、ハローワークから講座費用の20%が支給されるシステムです。

全額返金保証制度の対象の「バリューセット3」は腕試しに最適!

バーチャル講師・真田アカネの講義が含まれる「バリューセット3」は、条件を満たすことで(主にテスト)社労士の資格試験に不合格だった場合、すべての講座費用がフォーサイトより返金される「全額返金保証制度」の対象になっています。

「バリューセット3」を選択する予定の方は、安心して学習を続けるためにも、「全額返金保証制度」を申し込んでみてはいかがでしょう。

本試験までに、確認テストや学力テストを受けることでモチベーションの維持にもつながります。

まとめ

資格取得対策の学習方法は独学・スクール・通信講座などさまざまな種類があります。

その中でも、新しい学習コンテンツのバーチャル講師は、講義内容は熟練講師が監修し、講義中の音声は「話のプロ」である声優さんという風に、役割が分担されているのが特徴です。

従来の資格講座に苦手意識の合った方にとっては、選択肢が増えたということになります。
リーズナブルな価格で質の高い講義を受講できるので、資格取得を目指している方は、これを機にバーチャル講師の活用を検討してみてはいかがでしょう。